院長挨拶

院長挨拶

院長挨拶

「人生会議」という言葉をご存知でしょうか、もしもの時のために、望む医療やケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと話し合い、共有する取組のことです。
アドバンスケアプランニング(ACP)として医療・介護領域で普及が図られました。

戦後日本では延命が至上命題でした。
病院の役割は病気を治すところであり、医療者も患者・家族も長く生かすため、生きるためにはとことん頑張ることが暗黙の了解でした。
平成になり、我が国は世界で最初の超高齢社会となり、人口も減少に転じ、経済も停滞してきました。

いつかは命の終わりが来ること、資源も有限であることに人々は改めて気づき、新たな生き方・死に方が模索されるようになりました。
医療者にも単なる延命よりも、豊かな人生に資する専門サービスが求められるようになりました。
病気を病院で治しても、退院後の生活に不安を抱える方も増えています。
医療の枠を超えた生活を看る(できれば支える)視点が不可欠となり、利用者一人一人の価値観、生き方が大切にされます。

「人生会議」は暮らしの場から自分の人生、価値観を確認し共有する機会であり、国民が医療・介護に自分事として参加する契機となるのではないでしょうか。
急性期医療も「病院で(病気を)治す」、病院完結型、結果重視から「地域で治し(暮らしを)支える」、地域連携型、日々の生活支援を大切にする経過重視に移っています。
それに応じて急性期病院も変わる必要があります。

当院は1959年伊勢湾台風被災地への医療ボランティアと住民の交流を契機とし、地域の皆さんの「自分たちの病院が欲しい」との声で生まれました。
60年経た今も、住民の声と力を活かし、そのときどきの地域の暮らしに寄り添う医療・介護を提供しています。

昨年、南生協病院は「地域包括ケア病棟」を開設しました。
この病棟の役割は急性期医療と在宅生活を橋渡しすることです。
急性期治療が終了しても、自宅に戻るには不安がある方へのリハビリや、生活するための場所の調整、在宅時の体調不良への対応、患者本人とご家族さまの休養の場の提供を任務とする暮らしに寄り添う病棟です。多くの方が利用され、「助かった」との謝辞も多くいただいています。

県や国の考えも、高齢社会においては高度な急性期病院は過剰とされ、在宅を支える慢性期・回復期機能のさらなる充実が求められています。
当院は、地域の「かかりつけ病院」として引き続き地域密着の急性期病院としての機能を充実させます。
今後も困ったときにまず相談できる入院ができる救急機能の充実と、暮らしを支える慢性期・回復期を担う機能の整備を進めます。
住民の皆さんからも、地域の開業医の先生、施設のみなさまからも何かあれば何でも相談でき頼りになる病院を目指しています。

今年もご愛顧よろしくお願いいたします。

2019年元日
総合病院南生協病院 院長 長江浩幸