小児科

小児科紹介

小児科について

みなみ小児科医療宣言

スローガン:子育て支援、子どもを守ろう
新南生協病院の小児科外来は「みなみ子ども診療所」外来診療を継続して診療しています。
総合病院として他の診療科との連携により充実した診療ができるようになりました。

  1. わたしたちは、子どもに苦痛が少なく、確実に病気が治せるよう、あたらしい医学の知識を学び、技術を高めるよういつも努力します。
  2. わたしたちは、病気、病状、看護のポイント、治療法などについてきちんと説明し、お父さん、お母さんの意見も聞き、ご家族さまと職員みんなで一致協力して安心して看病できるようにします。
  3. わたしたちは、子どもたちが健やかに育つよう母乳、離乳食から公害のない街づくりまで、健康づくりの立場から、子育てを支援します。
  4. わたしたちは、子どもの権利をまもります。

小児科病棟

小児医療(成育医療)の実践
  • 電話予約制で待ち時間の短縮ができます。
  • 最適な医療を提供するため、チーム医療をおこないます。
  • アメニティに配慮した医療をおこないます。
  • 開業医の先生方との病診連携を強めます。
専門外来の充実
  • アレルギー外来で食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、喘息などご相談ください。
  • 神経外来でけいれん、発達の遅れ、行動異常などご相談ください。
  • 腎外来(第2第4火曜日午後)
  • 夜尿もおたずねください。
保健・予防活動(予防接種、赤ちゃん外来)の推進
  • 健康は予防から。
  • 予防接種で、免疫をつけましょう。
  • 健診のなかで肥満についてご相談ください。
  • 健診(赤ちゃん外来)で異常は早期に発見しましょう。
育児支援センター(病児保育、一時預かり)、保育科との連携、「のびすく子ねっと」との連携進
  • 病気のお子様をお預かりします。
  • 子育ての情報を発信します。
  • 悩み、心配ごとは遠慮なくご相談ください。

小児科病棟

院内学級

長期入院児のために院内学級を併設しています。
<小学生のためのあすなろ学級(大高南小学校の分校、中学生に大府養護学校の出張授業)>
病気で入院中も勉強の遅れを気にせず、楽しく勉強しています。
ほとんど個人授業に近いので成績が伸びる子が多くいます。

クリニカルパス(患者さまとともにつくる療養計画書)

1999年1月からクリニカルパスの取り組みをしています。
中日新聞、CBCラジオでも紹介されました。
患者さまには入院生活の概要が分かり、安心・安全・満足の医療を提供しています。
職員にはレベルを保った医療を保障します。現在27種類を使用中。

医学教育への取り組み

小児科では、初期ローテート研修でのプライマリ・ケアーを重視し、卒後小児科研修をおこなってきました。
病棟、外来研修をはじめ、2ヵ月間の研修で、救急外来の一次対応ができるようになります。
研修指導のために、パンフレット、CD-Rなども積極的に作成し、研修の教材としてきました。
医学生実習も積極的に受け入れています。

常勤医師紹介

増田進 先生

増田 進Susumu Masuda

役職
部長
主な専門領域
小児科
資格
日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会指導医(小児科)
所属学会
日本小児科学会、日本アレルギー学会
日本小児アレルギー学会
日本小児感染症学会、日本小児臨床薬理学会

小児の診療に就いて、感染症などの急性疾患と専門のアレルギー疾患に関わって30数年経ちました。時とともに、環境の変化や薬剤とワクチンの開発で、また、薬の使い方のコツ(ガイドライン)が解ると、病気の種類が変わり、軽症化し、予防が可能になりました。
将来の可能性と夢のある子どもが健やかになると安心します。
そして、この仕事がより楽しくなってきます。悩みごと、お困りのこと、良くなったことをお聞かせください。

坂田 奈緖Nao Sakata

主な専門領域
小児科
資格
日本小児科学会専門医

診療予約専用フリーダイヤル

11:00~16:30 11:00~12:30
※日・祝日は受付しておりません。

当日の受診相談

8:30~19:00 8:30~11:30
8:30~11:30 ※日・祝日は受付しておりません。

なんでも相談コーナー

病気、認知症、社会保証、介護保険、施設の紹介など、医療や介護、生活に関わるあらゆる相談を
お受けしております。

専門の医療ソーシャルワーカーやケアマネジャーがご相談にあたりますのでお気軽にご相談ください。

詳しく見る

なんでも相談コーナー

詳しく見る